2月23日(土) 舞洲ゴミ処理場見学

 

今日は舞洲にあるゴミ処理場の見学です

ひときわ目を引く外観のごみ焼却工場。「自然界との共生」をテーマに造られた、緑あふれるデザインが特徴だ。

環境保護建築で有名なフンデルトヴァッサー氏によるデザインで、高性能な公害防止設備も備えている。

また、焼却時に発生する熱エネルギーから電力を作る余熱利用も行われている。1日に最高900tものゴミ処理が可能で、大迫力のゴミピットも見学可能だ。

今まで『あの建物は何?』と近くを通るたびにみんなで話をしていた場所にいきます。

外観からは想像ができませんでしたが、ゴミ処理場でした。

まずはモニターを見てゴミ処理・環境のお勉強!

引き続き、見学していると、大きなクレーンがゴミを運んでいます。その前にコックピットのような操作盤があります。

急いで操作盤に子供たちが集まりましたが、残念ながら擬似コクピットで、動かせないようです。そりゃそうですよね。動かせたら怖いですよね。

話を聞くと、コンピューター制御で動かしているとのこと。

ゴミ処理場の見学が終わると、少し時間があったので、同じ舞洲にある公園に立ち寄って、遊んで帰りました。

関連記事

  1. 平成30年12月26日(水) ペットボトル工作 プール

  2. 10月13日(土) 緑の文化園

  3. 11月23日(金) 祝日 深北緑地&調理実習

  4. 4月30日中央図書館・英語

  5. 4月28日(土) トミカ博

  6. 8月3日(土) 流しそうめん・公園遊び